サイトマップ

来店は必要なのか

カードローンの契約は店頭、インターネット、郵送、電話など、様々な方法で行えます。しかし、申込みと契約の違いが分かり辛く、インターネットで申込んだけど来店が必要だったというケースもあります。カードローンの契約には、仮申込みと本契約の2段階あるというイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

 

仮申込みは申込み手続きですが、実際に融資可能かどうかを調べる審査も含めると考えてください。仮申込みをしてもまだ借入れはできませんが、仮申込みで問題がなければ、ほぼ確実に借入れは可能です。仮申込みの段階ならば、店頭はもちろん、インターネットや電話でも手続きが可能です。

 

仮申込みが問題なければ本契約となります。カードローンの契約書にサインしたりカードを受取ったりしますが、今はそれらの手続きもインターネットで行えるカードローンも増えています。しかし、中には本契約は来店必須というカードローンもあります。あまり利用者はいないですが、信用金庫のカードローンには本契約が来店必須な所が多いです。

 

本契約でネックになるのがカードの受取りです。カードについては来店、もしくは郵送で送られてきます。急ぎの場合には初めのお金は口座振込で借入れし、後日カードを受取るという方法もあります。

 

早いカードの受け取りなら契約機を使うのがおすすめとなり、ネットでの手続き後であれば早い時間でカードが受け取れるモビットのローン契約機も注目です。

 

モビットのローン契約機は各地にあり、急ぎの方であってもモビット名古屋市での最短即日契約も可能です。